2017年06月29日

佐藤錦

 ジャ~ン! ほとちゃん弟のぺぺ君から「佐藤錦」のプレゼントがありました!!!
1.jpg


ぺぺ君は「佐藤錦」の産地の山形の大学で学び、私たちにもこの美味しいさくらんぼを堪能してもらいたいとわざわざ山形から送ってくれたのです。なんという優しい子! まだ若い彼は 自分の生活で精いっぱいだろうと思うのに、私たちにこんな高価なものを!それもまぁ~こんなにたくさん!!! 彼の優しさも詰まった「佐藤錦」は本当に宝石のようにキラキラと輝いていました。ありがたやぁ…ありがたやぁ…


2.jpg

いやぁ~、こんなに果肉のねっとりと甘く美味しいさくらんぼを生まれて初めて食べましたよ。もったいないっ、もったいないっ! 日本人に生まれてよかったぁ。。。。。

3.jpg

贅沢にこのさくらんぼを口にいっぱいにほおばると、心から幸せな気分になります。うっとうしい梅雨を吹き飛ばしてくれます。平和な気分になります。世界中の人々がこの「佐藤錦」を食べたら 紛争など無くなるんじゃぁないかしらん…って思うのは 食いしん坊の私だけでしょうか? 何はともあれ、本当にぺぺ君には足を向けて寝れません。ありがとう、ぺぺ君!!!

今日も“まぁんまろ”な一日でした♪
posted by まろっち at 15:59| 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

祝・13歳

 6月5日 まろはめでたく13歳を迎えました!お祝いメールをくださった方々 ありがとうございました!
そして、りゅうクンのお姉さん まろと一緒のお誕生日のりゅうクンの元気な姿の動画をありがとうございました!


m1p.jpg
↑13歳に思えないほどの写真写りです!(親バカで ドーモすみません!)

12歳と5か月で一回目、12歳と7か月で2回目の「椎間板ヘルニア」を患いました。心配な日が続き 落ち込む毎日が続きましたが、今ではまるでそんなことがなかったかのように回復してくれました。(若干、千鳥歩きをしますが…マッここまで回復してくれればありがたいことです!) 


 13年いろいろなことがありました。まろがうちの仔になってくれたことで 私たちのお友だちも増えました。それに色々な所にも出かけていくことができました。私とオパァの生活を広げてくれました。こうして無事に13歳を迎えることができ、嬉しくて嬉しくてたまりません。私たちの年齢を追い越しヒト年齢でなぁんと68歳だそうです。最近はお気に入りの場所で微睡む時間が一日の大半になりました。
m2p.jpg
それから13年の月日でどこかの政治の世界の話ではありませんが、まろの気持ちを「ソンタク」できるようになりました。「今はこの毛布が欲しいのかな?」「ソファの上にあがりたいの?」等などまろの気持ちがわかると思っています。(ひょっとすると、私の勘違いばかりかも…ですが。笑)

cp.jpg
↑オパァが用意してくれた、豆乳ケーキとおさかなハンバーグのご馳走でお祝いをしました。食欲もバッチリなまろです。アッという間に完食! どうか、この幸せなボチボチな日々が続きますように。病気をしませんように。

今年も”まぁんまろ”な一年でありますように♪
posted by まろっち at 11:35| 特別な日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

幼馴染

 本当に久しぶりにMちゃんがおばちゃんを連れて訪れました。
Mちゃんちは私の実家と隣同士で幼馴染です。もう半世紀以上の付き合いになります。Mちゃんが高校を卒業し 県外の学校に進学が決まると同時におばちゃんたちも また転勤で引っ越していきました。

幼稚園児.jpg
(↑幼稚園時代のMちゃんと私。 私たちにもこんな幼い頃がありました…照笑)

私とMちゃんはお互い齢をとり 従って私たちの親も超後期高齢者となり、記憶力も結構怪しいことになってしまいました。おばちゃんがまだしっかりと自分で歩けるうちに第二の故郷である地に連れて行ってあげたいとMちゃんがわざわざ遠路訪れてくれました。

私の超後期高齢者の両親とおばちゃんと昼食をともにしながら昔話に花が咲きました。とは言っても三者三様の思い出話をつなぎ合わせてやっと一つの出来事の思い出になる…という具合でした。話の内容より昔馴染みと共に食事をしながらおしゃべりをする楽しさが超後期高齢者たちの心を高揚させている様子でした。

こんなに年老いた三人の姿を前にして、親らのかつてのハツラツとした若い頃の姿を思い出しました。私たちよりずっとずっと働き者だった気がします。私たちが成長した「昭和」の時代は今より貧しくアナログの時代だったけれど、皆一生懸命労働し、そして人々はつながって生きていた気がします。時代は激しく変化し今やデジタルの世の中になって、人とつながらなくても一人で生きれるようになりました。眼の前のアナログの親たちは本当に小さな老人になってしまったなぁ… 私が今の親の年齢になった時どんな世の中になっているだろうか…などと想見している私の横でまろは「ボクにはわからない~ 疲れたぴ~」っといったように眠っていました。数回しかMちゃんに会ったことがないのだけれど、Mちゃんがだぁい好きなまろは 嬉しすぎて「キュイ・キュイ」いい はしゃぎ疲れていました。 我よき友よ、竹馬の友よ、お互い健康には気をつけてこれからも長生きしましょ。今回の往訪ありがとっ!

今日も“まぁんまろ”な一日でした♪
posted by まろっち at 15:50| お友だち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする